« 次回出演 | トップページ

次回出演

箱庭円舞曲第十五楽章
「気付かない奴は最強」
脚本・演出・最期の前説:古川貴義
2010年10月6日(水)~11日(月祝)
@下北沢駅前劇場
 
出演:
小野哲史 須貝英 爺隠才蔵

片桐はづき 原田優理子(トリのマーク(通称))
津留崎夏子(ブルドッキングヘッドロック
ザンヨウコ(危婦人) 菅原功人(TEAM HANDY)
澤田慎司

井上裕朗


会場:
下北沢駅前劇場
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-11-8TAROビル3F
TEL:03-3414-0019

タイムテーブル:
2010年10月
6(水)19:30
7(木)14:00/19:30
8(金)19:30
9(土)14:00/19:00
10(日)14:00/19:00
11(月祝)14:00/19:00
※開場、受付および当日券の販売は開演の30分前。

チケット:前売開始9月4日(土)
前売:3,000円/当日:3,300円(全席指定)
6(水)の19:30の回は、結成10周年記念特典付
7(木)の14:00の回は、平日昼公演割引
前売:2,500円 / 当日2,800円

ネットでご予約:
こちらにアクセス!
http://www.quartet-online.net/ticket/hakoniwa15/reserve/2097

メールでご予約:
お名前・ご希望の日時と枚数を、下記のアドレスまでご連絡くださいませ。
sendntk-hakoniwa★yahoo.co.jp
(★の部分をアットマークに変えてお送りください)
※こちらからの御返事をもってご予約完了となります。

--------------------------------------------------
今回は「気付かない人」のお話です。
痛みに気付かない人は、裂傷を負って血が出ていても

気付かないため、そのうち失血死してしまうそうです。
これはとても不幸な話だけれど、痛みを感じなくて済むならば、

ある意味幸せなんじゃないかと思います。
そう、気付かない方が、幸せなのかもしれない。
例えば、自分に才能が無いことに気付かない芸術家は、

緩慢と作品を創作し続け、幸せな一生を過ごすことでしょう。

ただ、

彼らは、本当に気付いていないのだろうか?

本当は、自分の無能ぶりに気付いているのではないか。
しかし、それに気付かないフリをすることこそが、

作品を創作する上での最高の才能であると

気付いているのではないか。
一生を幸せに過ごす術だと知っているのではないだろうか。

どちらなのでしょう。

あなたは、気付かない人ですか?

---------------------------------------------------

スタッフ:
舞台美術:稲田美智子
照明:工藤雅弘(Fantasista?ish.)
音響:岡田 悠(One-Space)
衣装:三木葉子
舞台監督:金安凌平
書生論:山内翔
宣伝美術:Box-Garden House
制作協力:林みく(Karte)
企画製作:箱庭円舞曲
http://www.hakoniwa-e.com/

|

« 次回出演 | トップページ